「血液ドロドロ」・・・だから?

「血液ドロドロ」実はウソ 健康食品や寝具、悪徳商法にご注意 (iZa)

医師免許を持たない業者が血液の検査を行い、「血がドロドロです。サラサラにしなければ…」などと不安をあおって、高額なブレスレットやネックレスを買わせる悪質商法に関する相談が増加している。高まる健康志向とともに広がる不安心理につけ込んだ手口で、専門家は「医療機関以外での安易な検査は避けるように」と注意を呼びかけている。


当初この記事をみたとき、ああ悪徳業者の新たな手口かぁと思ったのだけれども


慶応義塾大医学部中央臨床検査部の村田満教授(血液学)は「そもそも血液の“サラサラ”“ドロドロ”に、はっきりした医学的な定義はない」としたうえで、「一般的にブレスレットやアクセサリーを身につけて、血液の状態が改善することはありえません」と話している。


・・・びっくりしました。テレビにまんまと黙れされてましたよ(^^;

勿論運動とかちゃんとした食事をしないと心筋梗塞などの危険は高まるのだろうけど、
テレビでよくある血液どろどろさらさらチェックがまさにこのチェックなのだと思ってました。

というかよくよく考えてみると血管がつまるのってコレステロールが血管内の
壁にくっついて道がせまくなって起こるんですよね・・・。

基本的にメディアは疑ったり裏を勘ぐったりしてみてるつもりでしたが、
ちょっと甘かったみたいです。

ちなみに僕の場合、健康食品の8割は信じていません。
健康になりたいなら、運動して、バランスのよい食事をするのが一番だと思ってます。
あるあるみたいに1つのことに注目してもバランスが崩れるだけだしね。

皆様もご注意を。

熱帯魚

熱帯魚を飼育しはじめました。

かわいいです。

全体




上から


samp4.jpg
samp6.jpg

米最高裁 温暖化対策見直し判決

米最高裁 温暖化対策見直し判決 州などの訴え認定 (東京新聞)

いいニュースです。
アメリカには京都議定書にはぜひ参加してほしいですね。
といってもこれが直接関わることはないでしょうけども。

温暖化の足並みが乱れる理由としては
やはり温暖化問題について肯定派と疑問派がいるからなのでしょうか。
さらにそれに経済活動からの財界からの圧力などなど。


個人的に、温暖化人為説は疑問だと思っていて、さらにもし肯定したとしても
京都議定書自体は欠陥品であり意味がないと思っています。
先進国だけの傲慢さが際立ってますので。

しかしそれでもこの議定書を守ることにより、経済優先・物資消費主義な
世界から循環型消費主義に移行できる可能性があるのではないかと思うので
ぜひ足並みをそろえてほしいなあと思うわけです。

温暖化については疑問だけれども資源に限りがあるのは事実。
高コストでも循環型にきりかわることにより、それが当たり前になれば
高コストでもなくなるんじゃないかなぁ。。。

つうか輸送系以外の石油税を5倍くらいにすればいいんだよ・・・。
(車使わないから言える発言(^^;)

まぐまぐのしらんかったとこ。

まぐまぐのメールマガジンって情報収集には便利ですよね。

僕も以前から無料版を10ちょっと、有料版を1つとってました。
このうち有料版はアジア投資についてのものでしたが、
最近投資を控えてるので一度解約しようかなと。

で色々みているとちょっと新鮮だったのです。

有料版といえば投資情報、情報商材とかぎゃんぶる必勝法とかそんなんばかりだと
思ってて、このアジア投資の以外は無視していました。
つうかこのアジア投資のメールの質がすごくよかったので。

ですが、今回解約した際に面白いのないかなぁと思ってみてみると
・・・ありました。・・・つうか加入してしまいましたorz
まぐまぐプレミアムは1ヶ月購読無料なのでつまらないと思えばこの間に
解約してしまえばお金がかかりません。まぁお試し期間がついてるのがうれしいところ。

我々の青い惑星 -地球- (プレミアム)

NASA、ESAだけでなく、世界中の最新天文ニュースをお届けすると共に、宇宙や地球の話を分かりやすく紹介しています。あの元ライブドア取締役、22億円を支払って、アジア初の民間宇宙旅行者となる予定の榎本大輔(Dice-K)氏の公式サイト、www.dice-k.comのスタッフを経て、sorae.jpのチーフデザイナーが贈る、宇宙情報メールマガジン。


最新の科学を英語で読もう

興味深い英字の科学記事を取り上げ、それを読みながら英語を学んでいくメールマガジンです。皆様の好奇心を満足させながら、無理なく自然に英文の科学記事が読めるようになります。


ヴォイニッチの科学書プレミアム

インターネット放送局「くりらじ」が毎週お届けしている最新科学情報ポッドキャスト番組「ヴォイニッチの科学書」がお届けするホットな科学のメールマガジンです。


誰でもわかる!アメリカ経済情勢ファイル:ザ・裏読み

外資系通信社で日米の政治、経済、マーケット、金融のニュース速報の最前線で活躍してきた増谷栄一が、ニューヨーク・ウォール街と首都ワシントンでの特派員経験を生かしてアメリカの株・債券・為替市場や投資に大きな影響を与えるホワイトハウスや米議会、米連邦準備理事会の要人コメント、そしてさまざまな経済指標が意味することをタイムリーに分かりやすく分析します。一歩先を見る確かな情報を提供します。



日刊工業新聞社【素材・エネルギー・化学】

電力、ガス、石油など個別企業の動向だけでなく、業界全体の抱えるテーマや問題点、最新の動きを追跡しています。



日刊工業新聞社【環境・エコビジネス】

注目される環境システムやリサイクルシステムなどの情報をきめ細かく掲載しており、エコ社会実現のバイブルにもなります。


今回とりあえずこれらを登録してみました。

見事に科学、投資にかたよってますね(笑

でもどれも仮に購買しても3,400円のものばかりです。

俺が特に期待したいのは「最新の科学を英語で読もう 」。
英語苦手なんですが最新科学はやっぱり英語で収集できないと分からないorz
これですこしはアレルギーはへるか!?みものです(笑

1ヶ月後にどれだけ残ったか報告しまーす。

≪ PREVHOME |

Calendar

PREV≪  2007-04  ≫NEXT
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Advertisements


なるべくマイナなニュースをご紹介。 経済・国際・スポーツ・IT・ゲーム・芸能・副収入・日記などなど。 ・・・といってますが、かなり自分の赴くがままです。はい。