世界の銃社会事情 その1


今週のニューズウィークを見て驚いた。
バージニア州の大量殺人の特集で銃社会の統計データがあったのだが
その内容にだ。

国名 年間死者数 人口10万人
あたりの死者数
日本 96人 0.08
韓国 49人 0.10
ポーランド 171人 0.44
フィンランド 235人 4.51
イングランド 159人 0.31
ベルギー 379人 3.67
スイス 459人 6.40
フランス 2964人 4.93
スペイン 309人 0.75
アメリカ 29645人 10.08
ニューズウィーク日本版調査による各国の最新統計を集めた結果を引用


ここで驚いたことがひとつ。驚いたのち疑問となったのがひとつ。
まずひとつは韓国の銃による犯罪の少なさだ。
今回の事件の前から思い込みがあり韓国は日本ほど銃規制をしていない国だとおもっていた。
また、徴兵制により銃の扱いに長けている上に軍からの流出があるのではないかとも思っていたので
ここまで死者数が少ないとは思わなかったのだ。
もちろん日本より若干高いが他の国と比較すると明らかに少ない。
私個人が若干反韓の意識があったからなのだが、こういう偏見から発生する思い込みが解けたのはうれしい。

次にフランスとスイスが意外な多さがあることだ。
これでもまた思い込みがあり、欧州では銃規制がそれなりに進んでいて、日本
と同等まではいかないだろうが、
それなりに低いと思っていた。
上を見る限りではスペイン、イングランドあたりの数字の感覚でいたのだ。

この記事をみて思い込みによる偏見は怖いなと思った。
こういった銃社会のニュースは、日本のマスコミが報道するのはアメリカのことばかりなので
そういった感覚になったのではないかと。
実はニューズウィーク日本語版を読み出したのは日本のマスコミだけだと偏りがあるなとネットが発達するたびに
思っていたから。
本当は英語の新聞を購読すればいいのだろうが、英語が致命的にまで弱いので無理(^^;
せめてもの抵抗ということでこういった雑誌を読むようになった。

でも全然偏りは直ってないようですね。もっとバランスをとれるようになりたい。

っと閑話休題。

じーっと記事を眺めて気づいたけどスイスは欧州といっても永世中立国であるため除外だったなと思った。
しかし何故フランスはここまで多いのだろう?

ちなみに、
国名 100人
あたりの丁数
アメリカ 90
フィンランド 56
スイス 46
フランス 32

(上記に挙がった国のみ抜粋)


あ、フィンランドも4.51で高いですね。
・・・これがやはりすべてなのかな(−−;

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
  • 2010-02-28
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2010-03-02
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2010-03-18
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2010-03-18
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2010-04-23
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2010-04-24
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2010-05-04
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2010-06-04

HOME |

Calendar

PREV≪  2017-09  ≫NEXT
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Advertisements


なるべくマイナなニュースをご紹介。 経済・国際・スポーツ・IT・ゲーム・芸能・副収入・日記などなど。 ・・・といってますが、かなり自分の赴くがままです。はい。