• 2017-07 ≪
  • 2017-08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  ≫ 2017-09

世界の銃社会事情 その2

前のエントリでは詳細な数字が載っていた国のみをあげたが、

他にくわしいデータはないが人口10万人あたりの死者数が12人以上とされているの国も載っていたので
引用。

ロシア
ブラジル
ベネズエラ
コロンビア
エクアドル
エルサルバドル
ホンジュラス
ジャマイカ
プエルトリコ
ハイチ
イラク
リベリア
アルジェリア
ネパール
アフガニスタン
カシミール
スーダン
ケニア
ウガンダ
コンゴ民主共和国
アンゴラ
南アフリカ
パプワニューギニア
コートジボワール
リベリア
インドネシア



ロシア、ブラジルを除くとほとんどが内戦や紛争地区がある国ですね。
ホンジュラス、プエルトリコ、パプワニューギニア、ハイチは全然分かりませんが(−−;
こういった国に銃を輸出してるのはアメリカ、イタリア、ブラジル、ドイツ、ベルギー、ロシア、中国などなど。
前エントリのベルギーが死者数が多かったのは産業があるせいでしょうか。(いや、思い込みはよくありませんw)

ちなみに中国、北朝鮮などはデータなし、なんだけれども中国は人口率からは分かりませんが、人数は多いでしょうね。

他にめぼしい国をピックアップすると
5〜11人
アルゼンチン

5人未満
インド 
オーストラリア
カナダ


くらいでしょうか。

発展途上国の場合、ほとんど紛争、内戦が銃による死者の原因といってもよさそうな感じ。
こういった国が平和になり発展していくときにどういった規制をするのかでアメリカのようになるか
日本のようになるのか変わるのでしょう。
その前に銃の輸出を規制すればいいとも思ってしまいます。

こういった昔からある害のある産業を中々規制できないのが資本主義および民主主義の弱点でしょうか。
利権にからむ人が一杯いますからねぇ。。
日本の場合、江戸時代からの歴史・文化が銃自体の少なさを作り出してきたんじゃないかと思ってます。

世界の銃社会事情 その1


今週のニューズウィークを見て驚いた。
バージニア州の大量殺人の特集で銃社会の統計データがあったのだが
その内容にだ。

国名 年間死者数 人口10万人
あたりの死者数
日本 96人 0.08
韓国 49人 0.10
ポーランド 171人 0.44
フィンランド 235人 4.51
イングランド 159人 0.31
ベルギー 379人 3.67
スイス 459人 6.40
フランス 2964人 4.93
スペイン 309人 0.75
アメリカ 29645人 10.08
ニューズウィーク日本版調査による各国の最新統計を集めた結果を引用


ここで驚いたことがひとつ。驚いたのち疑問となったのがひとつ。
まずひとつは韓国の銃による犯罪の少なさだ。
今回の事件の前から思い込みがあり韓国は日本ほど銃規制をしていない国だとおもっていた。
また、徴兵制により銃の扱いに長けている上に軍からの流出があるのではないかとも思っていたので
ここまで死者数が少ないとは思わなかったのだ。
もちろん日本より若干高いが他の国と比較すると明らかに少ない。
私個人が若干反韓の意識があったからなのだが、こういう偏見から発生する思い込みが解けたのはうれしい。

次にフランスとスイスが意外な多さがあることだ。
これでもまた思い込みがあり、欧州では銃規制がそれなりに進んでいて、日本
と同等まではいかないだろうが、
それなりに低いと思っていた。
上を見る限りではスペイン、イングランドあたりの数字の感覚でいたのだ。

この記事をみて思い込みによる偏見は怖いなと思った。
こういった銃社会のニュースは、日本のマスコミが報道するのはアメリカのことばかりなので
そういった感覚になったのではないかと。
実はニューズウィーク日本語版を読み出したのは日本のマスコミだけだと偏りがあるなとネットが発達するたびに
思っていたから。
本当は英語の新聞を購読すればいいのだろうが、英語が致命的にまで弱いので無理(^^;
せめてもの抵抗ということでこういった雑誌を読むようになった。

でも全然偏りは直ってないようですね。もっとバランスをとれるようになりたい。

っと閑話休題。

じーっと記事を眺めて気づいたけどスイスは欧州といっても永世中立国であるため除外だったなと思った。
しかし何故フランスはここまで多いのだろう?

ちなみに、
国名 100人
あたりの丁数
アメリカ 90
フィンランド 56
スイス 46
フランス 32

(上記に挙がった国のみ抜粋)


あ、フィンランドも4.51で高いですね。
・・・これがやはりすべてなのかな(−−;

米Google、TV広告配信に進出

米Google、TV広告配信に進出

ちょっと興味深いニュース。

広告が何回視聴されたかを集計できるセットトップボックス(STB)の利点を生かしてどの程度広告が効果をあげたかをリポートにまとめるほか、「AdWords」、および「AdSense」広告で培ったノウハウを生かして視聴者の嗜好に合わせた広告の配信を行うとしている。
Google TVでは、キャンペーンの計画から広告配信、効果リポートまでの完全自動化やオンラインから申込みを行うオークション方式での広告枠販売といった、従来と同様のビジネスモデルが採用される。また、広告配信地域、配信時間帯、チャンネル、成果型価格などを選択可能だ。なお、広告費用はCPM課金方式となる。


日本でもできないかなぁ。

といってもCM見ないんですけどね(汗

いつもGoogleのニュースは思わずみてしまう。特にコメントもできないのに(笑

選挙を変えるかYouTubeって何をいまさら?

“泡沫候補”浮上させるYouTube 選管も困惑

 4月8日に投開票される統一地方選挙は、ネットユーザーが動画投稿サイトを手に入れてから初めての大型選挙だ。YouTubeには早速、候補者の政見放送などが投稿され、ブログなどで話題になり、一般紙など大手マスコミが報道しない“泡沫(ほうまつ)候補”がネットで関心を集める。ただ、政見放送がネットで流れる事態は選挙管理委員会の想定外。公職選挙法に違反している可能性もあり、対応に苦慮している。


まず選挙期間中に泡沫候補といってるのも立候補者側から見れば失礼な話だけど
まぁ一つだけいいたい。
「まだ法整備してなかったの?」と。
こんなん想像できたことじゃん。というか今までの補正選挙や地方選でも
多分同じ現象起きてたでしょう。
今回この騒動が起きた一番の理由は外山候補のおかげ?

そもそもこれを取り締まることはできないだろうし、できるんであればとっくに
日本のJASRACやTV局たちができてるでしょう。

それにしてもこの問題。まだこの動画を見る人は関心がある人だからいいので
まだかわいい。

今回真に公職選挙法に違反しているのはテレビ朝日のサンデープロジェクトではないか。

4候補のテレビ討論に中松氏「告訴する」…都知事選

ドクター・中松氏(78)が2日、テレビ朝日と石原慎太郎、浅野史郎、吉田万三、黒川紀章の4候補を公職選挙法違反で、警視庁に告訴する意向を表明した。1日に放送されたテレビ朝日系「サンデープロジェクト」で、4候補がマニフェストを説明したことと、討論会を行ったことが公選法違反であるとし、さらにテレビ朝日に対しては放送法違反でも告発するという。

 「これは大事件。4人が抜ける可能性が出てきたんですから」中松氏は、街宣車を警視庁に乗りつけタスキ姿のまま捜査二課の選挙違反取締本部に突入。「上層部と相談する」という回答を得たという。


告訴してもうやむやのまま終わりそうですが、テレビ朝日の姿勢にはがっかり。
いや、元々がっかりしてるですが。

都知事選の候補者を集めて討論するならば13人全て呼べと。じゃないと
公正な放送にならないのじゃないの?
しかもテレビ側があえてマニアックな方々を出すならともかく、色々なメディアで
マニフェストを伝えてる4人を改めてだしてもねぇ。。。

ぜひテレビ朝日は取り締まりの対象になってほしいです。


ところで上の記事で

テレビ朝日では「今回の出演者の決定については、これまでの候補者の実績や様々な世論調査に独自の取材結果を踏まえた上で、総合的に判断したもの」とコメント。中松氏から請求された投開票当日の出演という“トンデモ条件”も、のむつもりはないという。


・・・だったら3人じゃないの?あんあへぼいおっさんなんで含まれたんだろ・・・とね。あのへぼおっさによりドクター石松の方が知名度も選挙活動実績も上なのに・・・なにをどう取材したんだかと思わず二入れれない。

「血液ドロドロ」・・・だから?

「血液ドロドロ」実はウソ 健康食品や寝具、悪徳商法にご注意 (iZa)

医師免許を持たない業者が血液の検査を行い、「血がドロドロです。サラサラにしなければ…」などと不安をあおって、高額なブレスレットやネックレスを買わせる悪質商法に関する相談が増加している。高まる健康志向とともに広がる不安心理につけ込んだ手口で、専門家は「医療機関以外での安易な検査は避けるように」と注意を呼びかけている。


当初この記事をみたとき、ああ悪徳業者の新たな手口かぁと思ったのだけれども


慶応義塾大医学部中央臨床検査部の村田満教授(血液学)は「そもそも血液の“サラサラ”“ドロドロ”に、はっきりした医学的な定義はない」としたうえで、「一般的にブレスレットやアクセサリーを身につけて、血液の状態が改善することはありえません」と話している。


・・・びっくりしました。テレビにまんまと黙れされてましたよ(^^;

勿論運動とかちゃんとした食事をしないと心筋梗塞などの危険は高まるのだろうけど、
テレビでよくある血液どろどろさらさらチェックがまさにこのチェックなのだと思ってました。

というかよくよく考えてみると血管がつまるのってコレステロールが血管内の
壁にくっついて道がせまくなって起こるんですよね・・・。

基本的にメディアは疑ったり裏を勘ぐったりしてみてるつもりでしたが、
ちょっと甘かったみたいです。

ちなみに僕の場合、健康食品の8割は信じていません。
健康になりたいなら、運動して、バランスのよい食事をするのが一番だと思ってます。
あるあるみたいに1つのことに注目してもバランスが崩れるだけだしね。

皆様もご注意を。

まぐまぐのしらんかったとこ。

まぐまぐのメールマガジンって情報収集には便利ですよね。

僕も以前から無料版を10ちょっと、有料版を1つとってました。
このうち有料版はアジア投資についてのものでしたが、
最近投資を控えてるので一度解約しようかなと。

で色々みているとちょっと新鮮だったのです。

有料版といえば投資情報、情報商材とかぎゃんぶる必勝法とかそんなんばかりだと
思ってて、このアジア投資の以外は無視していました。
つうかこのアジア投資のメールの質がすごくよかったので。

ですが、今回解約した際に面白いのないかなぁと思ってみてみると
・・・ありました。・・・つうか加入してしまいましたorz
まぐまぐプレミアムは1ヶ月購読無料なのでつまらないと思えばこの間に
解約してしまえばお金がかかりません。まぁお試し期間がついてるのがうれしいところ。

我々の青い惑星 -地球- (プレミアム)

NASA、ESAだけでなく、世界中の最新天文ニュースをお届けすると共に、宇宙や地球の話を分かりやすく紹介しています。あの元ライブドア取締役、22億円を支払って、アジア初の民間宇宙旅行者となる予定の榎本大輔(Dice-K)氏の公式サイト、www.dice-k.comのスタッフを経て、sorae.jpのチーフデザイナーが贈る、宇宙情報メールマガジン。


最新の科学を英語で読もう

興味深い英字の科学記事を取り上げ、それを読みながら英語を学んでいくメールマガジンです。皆様の好奇心を満足させながら、無理なく自然に英文の科学記事が読めるようになります。


ヴォイニッチの科学書プレミアム

インターネット放送局「くりらじ」が毎週お届けしている最新科学情報ポッドキャスト番組「ヴォイニッチの科学書」がお届けするホットな科学のメールマガジンです。


誰でもわかる!アメリカ経済情勢ファイル:ザ・裏読み

外資系通信社で日米の政治、経済、マーケット、金融のニュース速報の最前線で活躍してきた増谷栄一が、ニューヨーク・ウォール街と首都ワシントンでの特派員経験を生かしてアメリカの株・債券・為替市場や投資に大きな影響を与えるホワイトハウスや米議会、米連邦準備理事会の要人コメント、そしてさまざまな経済指標が意味することをタイムリーに分かりやすく分析します。一歩先を見る確かな情報を提供します。



日刊工業新聞社【素材・エネルギー・化学】

電力、ガス、石油など個別企業の動向だけでなく、業界全体の抱えるテーマや問題点、最新の動きを追跡しています。



日刊工業新聞社【環境・エコビジネス】

注目される環境システムやリサイクルシステムなどの情報をきめ細かく掲載しており、エコ社会実現のバイブルにもなります。


今回とりあえずこれらを登録してみました。

見事に科学、投資にかたよってますね(笑

でもどれも仮に購買しても3,400円のものばかりです。

俺が特に期待したいのは「最新の科学を英語で読もう 」。
英語苦手なんですが最新科学はやっぱり英語で収集できないと分からないorz
これですこしはアレルギーはへるか!?みものです(笑

1ヶ月後にどれだけ残ったか報告しまーす。

めも

WORKING!! 3 (3)




ヤングガンガン ブック・イン・CD WORKING!! Vol.1



鋼の国の魔法戦士―魔法戦士リウイ ファーラムの剣


聖騎士スパーホーク

メモ

遙かなる時空の中で2&3 キャラクターコレクション3 地の朱雀


遙かなる時空の中で3 雪待月


遙かなる時空の中で2 紅葉舞~夢の通ひ路~

HOME | NEXT ≫

Calendar

PREV≪  2017-08  ≫NEXT
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Advertisements


なるべくマイナなニュースをご紹介。 経済・国際・スポーツ・IT・ゲーム・芸能・副収入・日記などなど。 ・・・といってますが、かなり自分の赴くがままです。はい。