• 2017-04 ≪
  • 2017-05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  ≫ 2017-06

温暖化最高裁判決 米大統領「真剣に受け止め」

温暖化最高裁判決 米大統領「真剣に受け止め」 (産経新聞)


地球温暖化の原因となる温室効果ガスを規制する権限が連邦政府にあるとした米最高裁判決をめぐり、ブッシュ米大統領は3日の記者会見で、「判決を大変真剣に受け止めている」と述べる一方、今後の温室効果ガス削減策について、経済成長を阻害しない、中国、インドの2大新興国の参加が不可欠−という2つの条件を示した。


どれだけ真剣受けとてめているからは政治なので分かりませんが、

 大統領は「判決内容を完全に理解するには時間が必要」としながらも、温暖化進行について「深刻な問題で、人間(の経済活動)が温室効果ガスの一因であることは認識している」と強調した。


これはちょっとだけびっくり。
アメリカでの認識では本当に人間の活動が原因なの?等で割れていると思っていたので。

ただ、

 そのうえで、温室効果ガス削減に対する姿勢について、自国の雇用の維持のために「経済成長が阻害されてはならない」と主張。国際的な枠組みに「米国が協力するにしても、中国との協定がない限り、(中国からのガス排出で効果は)相殺されてしまう」と指摘した。


中国・インドも必要じゃなくて全ての国々で必要なのでは。。。と思ったり。
そもそも1990年の何%削減とか行ってるのがおかしいのですよね。。。
ちょっと持論ですが、
人口当たりとか国土面積当たりの排出量などを決めた方が平等なのでは?
そして国連に環境部門を作って(あるでしょうが)、超過になった国々は
超過罰金を納める。→払うくらいなら節約→国連は払ったお金でもっと
色々運動ができるようになる。

こんなんで南北問題もちょっとは進展するかもしれませんね。

現実的ではないでしょうが、経済が阻害されているからダメだなどと言ってる
限りはこのまま変わらないでしょう。

民主主義はまだいいのですが、共産・資本主義に変わる新たな
制度が見つかればいいのですが。。。

絶対にやめてほしい対策

温暖化対策“切り札”エタノール 米で効果に「?」

ガソリンの年間消費量を10年間で20%削減する目標を掲げたブッシュ米大統領は26日、ビッグスリー(米3大自動車メーカー)首脳と会談し、代替燃料バイオ・エタノールの普及拡大に努める考えで一致した。しかし、原料となるトウモロコシの価格が高騰。エタノールが普及しても温室効果ガスの削減効果は限定的という見方も出るなど、石油依存体質からの脱却と地球温暖化対策の“切り札”に早くも疑問が噴出している。
(中略)
しかし、米再生可能燃料協会によると、トウモロコシ原料のエタノール生産は現在建設中のプラントが完成しても年114億ガロン程度が限界。トウモロコシ全生産を投入しても、ガソリン消費を12%減らすだけだ。「農家が小麦など他の作物からトウモロコシ生産に次々と切り替えている」と米農務省エネルギー政策局のハリー・バウマス副局長。「エタノール・インフレ」とも呼ぶべき物価上昇を招いている。


温暖化対策でバイオ燃料によるガソリン節約の対策がありますが、これは絶対に反対です。
記事にもありますが、トウモロコシやサトウキビをつかってエタノールのを作ってもその加工で石油は使うわ、効果もうすい。
しかしなんといっても、人口問題による食糧不足のことを考えてないの?といいたい。
この対策って国連の貧困層への対策とも矛盾してるし、将来先進国でも日本のような食料輸入国はとてもじゃないけどまねできないでしょう。。

自分が車使わないから言えるのだけど、輸送・公共交通機関以外の車は
なくなってほしいなぁ。。。(無理)

米最高裁 温暖化対策見直し判決

米最高裁 温暖化対策見直し判決 州などの訴え認定 (東京新聞)

いいニュースです。
アメリカには京都議定書にはぜひ参加してほしいですね。
といってもこれが直接関わることはないでしょうけども。

温暖化の足並みが乱れる理由としては
やはり温暖化問題について肯定派と疑問派がいるからなのでしょうか。
さらにそれに経済活動からの財界からの圧力などなど。


個人的に、温暖化人為説は疑問だと思っていて、さらにもし肯定したとしても
京都議定書自体は欠陥品であり意味がないと思っています。
先進国だけの傲慢さが際立ってますので。

しかしそれでもこの議定書を守ることにより、経済優先・物資消費主義な
世界から循環型消費主義に移行できる可能性があるのではないかと思うので
ぜひ足並みをそろえてほしいなあと思うわけです。

温暖化については疑問だけれども資源に限りがあるのは事実。
高コストでも循環型にきりかわることにより、それが当たり前になれば
高コストでもなくなるんじゃないかなぁ。。。

つうか輸送系以外の石油税を5倍くらいにすればいいんだよ・・・。
(車使わないから言える発言(^^;)

HOME |

Calendar

PREV≪  2017-05  ≫NEXT
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Advertisements


なるべくマイナなニュースをご紹介。 経済・国際・スポーツ・IT・ゲーム・芸能・副収入・日記などなど。 ・・・といってますが、かなり自分の赴くがままです。はい。